真多呂人形の評判…良いところ・悪いところ!

真多呂人形の評判を口コミから検証

こんにちは、最新の “おすすめアイテム” をご紹介する[R★Style]の横山です。

今回は、【真多呂人形】の評判を良いところ・悪いところに分けて、口コミから検証してみたいと思います。

これから真多呂人形を購入しようと思っている方は、どうぞ参考にしてください。

【真多呂人形】とは?

子どもが生まれると、数々のお祝い事がスケジュールに加わります。

お誕生日や百日祝い(お食い初め)も大事ですが、生まれたこの健やかな成長を願い、日本人が特に力を入れて早々に準備を始めるのが初節句です。

生まれたと聞いて、すぐに雛人形や五月人形を探し始める、おじいちゃんおばあちゃんの話をよく耳にします。

きらびやかな衣装を着こんだ「衣装着人形」も素敵ですが、柔らかい曲線と穏やかな表情が生み出す素朴な魅力から、「木目込み人形」も今なお人気です。

どちらか迷った方も多いのではないでしょうか。


木目込み人形とは、桐糊(桐の粉を糊を混ぜたもの)を固めたボディに溝を掘り、そこに金襴や友禅などの美しい布地をヘラで入れ込んで(木目込んで)衣装を着せるお人形のことを言います。

その木目込み人形の中でも、代表格と称されるのが、「真多呂人形」です。

遠く江戸時代に、上賀茂神社に使えた高橋忠重が作ったのが始まりとされる木目込み人形は、時代を経て東京の人形師・吉野栄吉によって、その手法が洗練され、現代木目込み人形の形となりました。

その栄吉の息子に指示した初代金林真多呂が、さらに創意工夫を重ね、たどりついたのが現在の「真多呂人形」です。

上賀茂神社から木目込み人形の正統伝承者として、認定を受けているのは、この真多呂さんだけです。

現在は息子さんの二代目金林真多呂氏がその技法を受け継ぎ、人形の原型はすべて二代目・金林真多呂の手によって、一体一体丹念に作り上げられているのだそうです。

国が認める「伝統工芸士」がつくる真多呂人形は、真多呂が自ら作り上げた原型に、熟練の専門職人がそれぞれの工程を分担し、すべて手作りで作られます。

忠実に伝統技法を守って作られており、人形のボディには天然の桐素材を使用していて海外製の素材やウレタン等の科学素材は一切使われていません。

そんな真多呂人形の技法で作られる人形たちは、いつまでも飽きずに眺めていられるやさしさを持っています。

そのため、今ではナチュラル志向やシンプルライフを好む若い世代にもとても人気があります。

さらに衣装を着せこむ衣装着人形とは違い、着物の型くずれの心配もなく、飾り付けの面倒さもありません。

ふんわりとした優しい丸みは、小さくても可愛さと上品さを兼ね備えています。

コンパクトな置物となるので、飾るスペースに限りのあるマンションでも楽しめる人形が多いのも、真多呂人形の特徴です。

落ち着いたインテリアが好きな方や、マンション暮らしで手軽にぱっと飾れるものをお探しの方には特におすすめの飾り人形です。

【真多呂人形】の雛人形

真多呂人形の雛人形は、ふっくらとしたやさしいお顔が特徴です。

どこから見ても笑顔をたたえているように見え、かつてのお公家さんは、本当にこんな感じだったのかもと思わせる、上品さと雅やかさを放っています。

ふっくらとしたお雛様のお顔には、大きく分けて

・子供顔

・少女顔

・大人顔

の3つのタイプに分かれます。

どれもかわいらしく選ぶのに迷ってしまうのですが、いずれにしてもそのやさしい表情に癒されることは間違いありません。

真多呂人形のお雛様の顔に描かれた目は、衣裳着タイプの雛人形などの目で使われる目玉の入った「入目」とは異なり、細い毛筆で目を書き入れる「書き目」と呼ばれています。

「目が合った!」という感覚よりは、やはり「微笑みかけている」といった印象を受けます。

また、天然素材でつくられた原型に着せこんだ衣装は、いかにも「貼った」「埋め込んだ」というものではなく、丁寧に着付けた重ねの美しさを感じ取ることができます。

十二単の襟や袖の「重ね」の色合い等は、平安時代の衣裳を綿密に考証した上で組み合わされたコーディネートです。

世界中でも類を見ない「色」の多さを誇る日本の伝統美を、お子さんに見せてあげることができますね。

雛人形一体一体の美しさはもちろんですが、お道具も含めたトータルのセットとしての美しさも、もちろんあります。

伝統的な段飾りも、現代のライフスタイルに合わせやすい親王飾りも、真多呂人形の雛人形なら上品かつ、コンパクトに収まります。

独特のたたずまいも見せてくれるでしょう。

最近では、和室にも洋室にも合うモダンタイプなどもあり、ありきたりの雛人形にはしたくないというご家族に人気を博しています。

木目込み人形の技法が生み出すやさしい風合いと丸みが、主張しすぎないサイズ感につながり、若い世代にも受け入れられているのです。

国が認める伝統工芸の真多呂人形の良さは、親世代にしっかりと浸透しています。

そのため真多呂人形の雛人形を選べば、おじいちゃん、おばあちゃんにも、きっと良いものを選んだと満足してもらえるでしょう。

雛人形というものは一度飾ったら、お節句が終わるまで長い時間飾っておくものです。

いつ見てもやさしい笑顔をたたえている真多呂人形なら、小さな赤ちゃんも怖がらずに楽しく眺めていることができます。

また、お子さんがもう少し大きなお姉ちゃんになったら、手に取って見せてあげてもよいかもしれません。

衣装着とは違い真多呂人形は衣装をきちんと入れ込んであるので、引っかけたりする心配がありません。

真多呂人形は将来的には自分で飾らせてあげることもできる、親しみやすい雛人形です。

【真多呂人形】の五月人形

真多呂人形というと、可愛らしいお雛様のイメージが強い方も多いかもしれませんが、男の子の節句を祝う五月人形もあります。

最近ではきらびやかな甲冑を端午の節句のお祝いに選ぶ傾向が強いようですが、「甲冑は上の子の時に買ったし・・・」という方にも是非お勧めしたいのが、真多呂人形の五月人形です。

元気いっぱい腕をひろげた金太郎、こいのぼりと一緒にこちらを見据える若武者などは、いかにも真多呂人形らしいやさしい曲線を感じさせてくれます。

そして、しなやかな筋力と物怖じしない澄んだ目は、どれもすばらしい作品に仕上がっています。

昔の人が初めて我が子に甲冑を付けてあげた時は、きっとこんな感じだったのではないかと想像できます。

あの腕や脚のむちむち感も、いまにも動き出しそうな躍動感も、真多呂人形だからこその表現です。

「男の子なんだからお人形なんて・・・」と思いがちなお父さんにも、ぜひ一度現物を見せてあげるとよいです。

こんな生き生きした子に育ってくれたらいいなと、想像力を膨らませることができることでしょう。

それから真多呂人形は、可愛さだけではなく、熟練の精巧な技術で素晴らしい細工が施されています。

若大将のつけている甲冑一式には、当時の甲冑師がそうであったと考えられるように、美しい組み紐や細工が施され、気品のある装いとなっています。

金太郎の服にしても、ただ単に可愛いだけではない、上質な素材が使われています。

金太郎や若大将では少し可愛らし過ぎるかなと思われるご家庭には、義経の舞姿や文武両道の神を現した人形などもお勧めです。

立雛のようにスッキリとしたたたずまいながら、静かな迫力をたたえています。

お子さんが年を経ても、お部屋にかざっておける気品のある人形となっています。

女きょうだいのいる男の子は、お姉さんや妹のお雛様をみて、自分もお顔があってちゃんと着物を着ているお人形がほしいと思う場合もあるでしょう。

お顔のある人形を欲しがるお子さんには、鯉のぼりや甲冑より喜ばれることと思います。

お子さんの表情を思い浮かべながら、面差しの似ている人形を選ぶのも楽しみですね。

きっと真多呂人形の五月人形は、いくつになっても小さいころのことを思い出させてくれる宝物になってくれるでしょう。

こんな真多呂さんが作る五月人形を、赤ちゃんの頃から見ていたら、本物の美しさを知る美的センスの高いお子さんになる可能性も大きいですね。

それと五月人形は、雛人形よりもさらにコンパクトで飾りやすいですよ。

お庭がないから鯉のぼりは無理だし、甲冑もいらない・・・という方にもお勧めです。

ガラスケースに入った五月人形なら、玄関などにも置くことができます。

【真多呂人形】の評判…良いところを口コミから検証!

ではここで、真多呂人形の評判を口コミから検証してみたいと思います。

まずは良い口コミからご紹介しますね。


「ふっくらとした顔が、娘の生まれたてのほっぺのようでかわいくて、惚れ込んで義両親に買ってもらいました。
品物がよい分、お値段も簡単にねだれるものではありませんでしたが、義両親もこれならと納得してくれました。
衣装着も素敵でした。
結婚した時にも持って行ける嫁入り道具の一つとして、代々続く伝統工芸の良いお品を買ってもらい、とても満足しています。」


⇒おもちゃのお人形と違い、雛人形や五月人形とは一生のお付き合いになります。

何度見ても飽きが来ず、絶対にぶれない世界観をもった伝統工芸品である真多呂人形は、どの世代にも受け入れられとても良いお品です。

それ故に高価ではありますが、義理のご両親も納得のいくお買いもの・贈り物となるでしょう。


「結婚した時に買ったマンションは和室がなく、お雛様を飾るのはちょっと合わない気がして買うのをためらっていました。
しかし、真多呂のモダンシリーズから選んだら、リビングボードにのせても上品におさまり、とても気に入っています。
遊びに来た友人たちからも評判がよく、自分の子供にも真多呂人形にすると言って帰る友人が多いです。」


⇒現代のライフスタイルでは、洋室しかないタイプのおうちも多いものです。

また、近年のモノトーンの流行で、シンプルに統一されたお部屋に、お雛様や五月人形を置くと浮いてしまうという声もよく耳にします。

真多呂人形の素朴な魅力は、シンプルなお部屋にもなじむのが特徴です。

抑えた色調ながら、上品ですっきりとした屏風に並ぶ親王飾りなど、洋室にも合わせやすいコンパクトなお人形が多数あります。

最初から「いらない」「合わない」と決めつけず、一度現物を見に行くことをお勧めします。


「いかつい甲冑は上の子たちの時に買ってもらったので、三男のお節句にはもう少しかわいらしくてかざりやすい五月人形を探していました。
真多呂人形の五月人形は、ぷっくりほっぺがとってもかわいいながら、きれいな目で先を見据えているような若大将の表情がすてきでした。
義母と母と絶対にこれがよいとすぐに決めました。」


⇒真多呂の五月人形は、男の子ばかりでかわいいお人形を買う機会がなかったというお母さま方に人気です。

かわいい中にも雄々しさと生き生きとした生命力が感じられる若大将のお人形は、息子さんの健やかな成長を祈るお祝いの品としてぴったりです。

【真多呂人形】の評判…悪いところを口コミから検証!

一方で真多呂人形の悪い口コミには、衣装着人形と比べた意見がありました。


「娘がお友達のおうちに呼ばれて、お雛様をみせてもらいました。
衣装着のきらびやかな着物に目を奪われ、私のお雛様よりきれいだった・・・と悲しげに帰ってきてしまいました。」


⇒衣装着のお雛様の華やかさや、きらびやかさはある意味わかりやすい表現です。

そのため、小さいお子さんから見ると、衣装着人形のほうに目を奪われがちかもしれません。

「本当にお着物をまとっている」ように見えるのは、衣装着人形の方でしょう。

衣装着のお人形の方が、お顔もしゅっとした細面なことが多いので、小さな女の子には、いかにも「お姫様」のように見えることと思います。

でも小学校高学年になってくると、見方は変わってくるはずです。

真多呂人形の独特の風合いとかわいらしさは、成長するにつれじんわりとしみこむように伝わるものです。

そして高校生にでもなると、逆に木目込み人形の本当の良さが判ってくるに違いありません。


「息子の初節句に金太郎の五月人形を選びました。
舅はもっと男らしい甲冑にすればいいのにと言っていました。
かわいすぎると思われたようです。」


⇒男の子の初節句は、最近ではガラスケースに入った、いかつい戦国武将の甲冑を選ぶ方が多いようです。

端午の節句の時には、かわいらしいこいのぼりに乗った金太郎が欲しいおばあちゃんと、雄々しく細工の美しい甲冑を選びたいおじいちゃんとで意見が分かれたという話もよく聞きます。

甲冑は確かに男らしく雄々しく、「かっこいい!」と戦隊ヒーローにあこがれるようなイメージで選ばれやすいのです。

金太郎はその昔話からもわかるように実在のヒーローであり、立派な武将なのです。

お舅さんには、ふっくらしたかわいらしい顔が、幼く「男らしくない」ように見えたのかもしれません。

しかし、彼は未来の武将であり、むちむちとかわいい今のお孫さんの姿を現しているのだと、堂々と説明してみましょう。

折り紙の兜をかぶせたお孫さんと並べたお写真でも送ってあげれば、やっぱり金太郎にしてよかったじゃないかとおじいちゃんも喜んでくれることでしょう。

【真多呂人形】

まとめ

江戸時代から続く伝統工芸を極めた真多呂人形は、やさしい表情と穏やかな気品がにじみでる一生の宝物です。

お子さんの健やかな成長を祈り、毎年飾るお節句にお勧めの人形というより、もはや作品です。

その作りや佇まいそのものがコンパクトで、主張しすぎない静かな雅さを放っています。

和室洋室問わず飾りやすいのも特徴です。

衣装着などに比べると手にしっくりとくる丸みが扱いやすく、保管しやすいことから若い世代にも人気があります。

伝統を忠実に守り、熟練の技法とえりすぐりの天然素材から作られる真多呂人形は、それゆえに高価ではあります。

しかし、一生をともに過ごし成長を見守ってくれるお人形としてふさわしい品格と趣をそなえています。

これを贈られたお子さんが大きくなる頃には、美しいもの・上質なものを一生懸命選んだ親御さんの姿も一緒に受け継がれていくことでしょう。

公式ネットショップ

真多呂人形の公式ネットショップはコチラへ


■LINK■
  • 真多呂人形 店舗
    ショールームのご案内(真多呂人形会館)|伝統の木目込み雛人形・五月人形・浮世人形|真多呂人形公式